7324012bf3434a7f263958c02b9bd052_s

男性がなかなかリードしてくれない、こちらから誘わないとデートの予定が決まらないなど、女性の中には男性の消極的な態度にイライラしている人もいるのでは?
いざ恋人になっても、一緒に過ごす時間が少なかったり、その内容が希薄だったり、マンネリ化していたりすることは2人にとっても大問題。

だからといって、女性が勝手に物事を決めたりすると、それは2人の中を悪化させてしまうことにもつながりかねません。
今回は、デートを成功させるための男性との付き合い方をご紹介していきます。

女性が男性にリードされたいと思う理由

女性はなぜ、男性にリードされたいと思うのでしょうか。自分がデートを決めるのが面倒だからでしょうか。
実は、女性自身がそこまで男性にリードされたい理由に気づいていない可能性があります。

   「男性に大切にされたい」願望がポイント

実は、女性は男性に愛されたい、大切にされたいという願望を持っています。
彼にリードされ、積極的に愛されることで愛を感じたいのです。
その結果、デートもリードして欲しいし、自分のことをもっと大切にして欲しいと思って彼に素敵なデートを迫ります。

そんな欲求が満たされない女性は、「こういうデートをしてほしいのよ!」と思わず自分からデートをリードしてしまうのです。
でも、そんなことをしてもなかなか満たされないのが女性。当たり前ですよね。
実際は彼に愛されたいからしていることなのに、自分でデートを仕切っては、彼の愛に包まれることはないから…。

もちろん、中には自分の思い通りのデートをして、彼を付きあわせたいという女性もいるでしょう。
彼を振り回す女性の行動にも何もいわず、ひたすら付き合ってくれる男性。
この場合は、「付き合ってくれる」男性の行動に愛情を感じられるから女性は満足するんですね。

デートをリードしてくれることが女性の満足になるのではなくて、男性の愛情に女性が触れられるから女性が満足する。
そのことに気づいていない女性は多いですので、2人の関係を円満にするためにも、自分の求めていることが、実際に自分が愛と感じられることなのか、改めて考えてみるのもいいかもしれません。

男性にリードされるテクニックも大切!

男性がリードしないからといって女性がリードしてしまうと、「気の強い女だな」とか、「ワガママだな」とか、色々と男性が引いてしまう原因になるかも。
関係を継続していくためにも、女性にとっての満足を得るためにも、男性にデートをリードさせるテクニックが大切です。

どちらかがデートを計画するのではなく、2人でデートをつくる!

付き合いが長くなると、なかなか新鮮なデートはなくなるもの。
最初は色々と計画してくれていた彼も、ネタが尽きてきてデートをリードしづらくなっているのかもしれません。ならば、女性の側から一方的なデート計画を提案するのではなく、自然と2人でデートを考えられるようなシチュエーションを作ってみてはいかがでしょうか。

例えば、何週間後かに連休があるとしましょう。「今度の連休で泊まりの旅行にでかけない?」と提案してみましょう。
その計画のためにカフェで相談したり、本屋へ行って旅行ガイドブックを購入したり、旅行計画のためのデートをするんです。

2人で一緒に考える時間も楽しくなるので、デートの行き先に困っているなら旅行までの間のデートも充実しますし、自然と行くべき場所が決まってきます。

相談するためのカフェやレストランを探すのが楽しくなれば、2人でのカフェ巡りやレストラン巡りも、新たなデートスタイルとして受け入れられるかもしれません。「今度は渋谷のカフェで計画の相談しようよ」と、彼から提案があるかもしれませんよ。

実際、男性は女性にリードされたいの?男の本音とは

男性は、実際に女性にリードされたいと思っているのでしょうか。
こんなリードなら大歓迎という声がありましたので、いくつかご紹介します。

行き先や日程を提案してくれる

デートはしたいんだけど、予定を組むのがやっぱり面倒。
だから、デートの行き先になりそうな場所や情報を提案してくれたり、会話の中で自然と休みの日を教えてくれると誘いやすいそうです。

地図を調べたり、困ったときに協力してくれる

デート中、遠出をすると道に迷うこともありますよね。そんなときに、男性一人っきりに解決を頼るのは、男性にとっても心細いもの。
困ったときには女性も一緒になって地図を見てくれたり、近くの人に道を訪ねてくれたりすると、とっても安心するのだとか。

そんな彼女となら、知らない土地へのデートも企画しやすくなり、結果、デートに誘いやすくなるのだそうです。

デートの最後に感謝することも大切!

彼にデートをリードさせるなら、デートの終わりには感謝することが大切なんだとか。
「また連れて行ってね。今日はありがとう」と言えば、彼も積極的になってくれるはず。女性がリードすることもなくなりますよ。


en