49ae47edc0e9e03008697dfd6b7f78c1_s

男性と女性とでは「好き」の気持ちのピークにズレがある

これまでネット婚活で仲よくしていた異性が、急に連絡をくれなくなった、また、返事が冷たくなってきた、というようにフェードアウトされた経験はありませんか?

フェードアウトをされた側からしてみれば、自分は何か悪いことを言ったのだろうか?相手の気分を害したのか?と思うことがあるかもしれません。

そもそも男性の場合、異性に出会った瞬間に好きという気持ちが高まりますが、時間がある程度経つとジェットコースターのように急降下をすることがあります。
女性の場合は、最初からピークが来ることは少なく、徐々に徐々に気持ちを高めて行くケースが多いと言われれています。
つまり、男女の気持ちのズレはかなり大きく、すれ違い状態になってしまっているのです。
これが突然のフェードアウトの理由かもしれません。

フェードアウトされたら追うべき?追わないべき?

男性がフェードアウトをする理由は、「相手は自分に脈がない」「どうせ振り向いてくれない」と悟ったから、というものがあります。
つまり、もしも男性からフェードアウトをされてしまったら、女性側は積極的に引きとめるようにすると再び戻ってくる場合があります。

一方で、女性からフェードアウトをされてしまった場合は、前者のように上手く行かない場合が多いです。
女性がフェードアウトをする理由は「この人は自分に合わない」「話していても面白くない」という、女性側で明確な理由があることがほとんどです。

ですので、万が一女性が離れてしまった場合には、無理に引きとめようとするとさらに悪い印象を持たれかねませんので、「去るもの追わず」と自身に言い聞かせましょう。

恋の駆け引きという場合もあります

世の中には「押してもだめなら引いてみる」という言葉があります。
どんなに押してもダメなら、一度スッとそこから離れます。
すると押してもビクともしなかった事が、急に動き出す。というものです。

これは恋愛テクニックにおいてもかなり効果的なもので、積極的にアプローチをしてもダメな時、その相手から距離を置くと、相手は不安になって近寄ってくる場合があります。

もしも急に相手が冷めてしまった時には、そういった恋の駆け引きをしていることも考えられますので、あまり心配しすぎない方が良いでしょう。
有効な恋愛テクニックですが、失敗をすればせっかくの異性を手放してしまいますので、利用する際にはそれなりの覚悟が必要となります。
相手が自分に気があるという確信があるのであれば、このテクニックを使うと結婚成功率もグッと上がります。


en