N112_sumahodeyorokobu500-thumb-750x500-1956

ネット婚活で必要になる婚活サイトへの会員登録が完了すれば、そこからプロフィール作成などを行えるようになります。
プロフィールは自分を多くの異性にアピールする材料のひとつですから、自分の魅力がより伝わるような内容を心がけていきましょう。

プロフィールには、自分の趣味だったり長所だったりを書いていきます。
この時、何も相手からすごいと思われるようなことしか書いてはいけないということはないですから、リラックスしてプロフィール作成を行うことが大切です。

ただもし趣味がギャンブルなど、一般的にいい印象を持たれにくいものだった場合は、それをアピールする形でプロフィールに記載するのは避けたほうがいいでしょう。

相手はまずプロフィールだけを見て、どんな人がいいのかということを決めていくわけですから、印象ダウンにつながるようなプロフィールは避けるべきです。初めはプロフィール作成に苦戦することもあるかもしれませんが、それもネット婚活の醍醐味だと考えましょう。

おすすめのプロフィール作成法

ネット婚活で上手く行くためにはまず異性に興味を持ってもらうことから始めなくてはなりません。
興味を持たれるためにはどのようにすれば良いと思いますか?

とにかく写真映りの良い写真をプロフィール画像に設定すればいいのでしょうか?
確かに面食いな人は食いつくかもしれませんが、あくまでも静止画である以上、実際にデートなどとなった時にはガッカリされてしまう可能性も捨てきれませんのでリスクは高いです。

プロフィールにちょっと裁読みした年齢や体系、趣味などを書けばいいのでしょうか?
これも実際に会った時に大抵バレてしまいますのでまずオススメしません。

婚活なのですから、虚偽を書いてしまうのはあまりよくありません。
みな婚活に真剣なのですから、プロフィールも真剣に考えましょう。

プロフィールは好印象を持ってもらいやすいシンプルな文面にします。

女性の場合、「は」を「わ」または「ゎ」にしたり、「じ」を「ぢ」などに変えたりすることがありますが、男性にはあまりウケないので正確な文章に直しましょう。

女性も男性も顔文字は適度に、派手すぎないものを使うとベストです。
味気がない、個性がない、と思われるかもしれませんが、婚活ですので真剣な文章の方が好感も持たれやすいことでしょう。

趣味は細かく書いておくと相手にもわかりやすいため、興味を持ってくれる可能性が上がります。
旅行が好きなら旅行が好きです。ではなくて、旅行が好きで、海外にも行ったことがあります。行ったことのある国は○○と△△で・・・など、詳しく書きましょう。

足跡機能も要チェック

足跡機能はすべてのネット婚活サイトにはありませんが、もし付加されているならを活用しましょう。

足跡機能と言いますのは、自分のプロフィール画面に来てくれた人の履歴が残る機能です。
プロフィール画面に来てくれているということは「もっとその人の詳細が知りたい」という思いを持って訪れたということになります。

そのような場合にはその足跡を追跡して相手のプロフィール画面に飛んでみましょう。
相手が自分の好みだったら定期的に足跡を付けてみると、ちょっとした好意の意思表示になります。
わざわざメールを送らなくても、それだけで相手には好意が伝わると言う便利な機能です。
そしてひょんなことからメール交換などができればまさに理想的ですね。

だからといって毎日しつこく足跡を付けても気味悪がられますので気をつけましょう。

綺麗過ぎる顔写真には要注意

ネット婚活サイトばかりの話ではありませんが、綺麗過ぎる写真には是非とも気を付けてもらいたいものです。

多くの方は第一印象で異性を決めてしまいますが、綺麗な人の写真があったからとは言えすぐにメール交換をするのもそれは慎重な婚活とは言えません。
もしかしたらこの先付き合うかもしれない相手なのに、写真の綺麗さに誤魔化され、実際に会ってみた結果写真とは遥かに違った顔だったら目も当てられません。

特に注意していただきたいのが写真の角度です。
顔を正面に向けず、斜めにして上から撮っている写真のほとんどは元の顔より綺麗に映っているように見えるので過信しないようにしましょう。

良い相手が見つかったら?

ついに良い異性が見つかった!
という場合、すぐには何をしたら良いのかわからないかもしれません。

もしも心の底からこの人とお近づきになりたい!と思ったらまずはメールを送ってみましょう。
一通目のメールはかなり重要です。
一通目のメールに返信がなかったらそれまで。
また一からやり直しになってしまいますので初めてのメールの時は慎重にならなければなりません。

まずドン引きされるようなメールを送るのはご法度です。

例えばこれは男性から女性にメールを送る場合ですが、

  • 唐突に体の話題に入る
  • まったく絵文字や顔文字がない
  • 顔文字だらけ

などが挙げられます。
顔文字や絵文字の量も程々にしましょう。

メールの構成としては

  1. あいさつ
  2. 簡単な自己紹介(職業や趣味など)
  3. 真剣に婚活をしています。よろしくお願いします。など誠意のある〆の文章

などがシンプルで印象も良いです。
あまりに長すぎても途中まで読んであとは流してしまう可能性がありますので、全体で150文字~200文字に収めましょう。

地元が同じ・・・それだけで安心しないで!

ネット婚活では全国のあらゆる場所に住む男女を探すことができます。
地元が同じ人をプロフィールで発見したら、それだけで親近感が湧いてきて、「いい人だな」と思うこともあります。
家の近くのスーパーや、よく行くコンビニなど、そこに住んでいる人にしか分からないことが話せるというのは、大きな魅力に感じます。
ですので、地元が同じ、あるいは地域が隣接している人をあえて探していくのも良いかもしれません。

ただし、先ほども述べたように、この一つのことだけで非常に親近感が湧くので、本当はどんな人なのか?をじっくり見極められないケースもあります。

地元が同じだから、というだけで結婚生活がうまくいくわけではありませんね。
相手の性格をじっくり観察し、本当に自分に合っているかどうかを考える時間をもちましょう。

もし一人の人がダメでも、ネット婚活ならまたすぐにプロフィール検索で条件を絞って探せますので、
絶対にこの人がいい!
と最初から決めつけるのはやめましょう。

本人と会う前に電話で相性チェック

ネット婚活で知り合った異性ともメールが結構続くし、相性がいいかも!
と感じたら、今度は実際に生の声を聞いてみましょう。

とは言え実際の電話番号を教えるのはちょっと不安・・・と言う方にはLINEがとても便利です。
今や無料通話と言えばLINEですね。
チャットも気軽に行えるのでネット婚活をするにおいて、LINEは必ず必要になると言っても過言ではありません。

最初写真を見ただけであなたの中で固まっていたその人物への考え方を変えるチャンスと言っても良いです。
もちろんちょっとガッカリしてしまうこともあるかもしれませんが、将来恋人にするのであればそのあたりもしっかり把握しておく必要があります。

LINEIDを聞き出せたらまずは通話をします。
そこで他愛のない会話をしていきますが、もしも会話が思った以上に進まないと思ったら相性が悪いのかもしれません。
趣味の話などを持ちだしても同じような反応だった場合も相性が悪いと判断しましょう。
もしも直感的にこの人とは相性が良くないかもと思ったら、その場で諦めるというのも婚活時間短縮の良い手段です。

相性がいいと判断できたら、メールか電話でデートに誘ってみましょう。

■自分のピッタリの婚活サイトを探す!
婚活本気度

SNS機能
婚活サポート 
婚活パーティ
こだわりポイント